kadokawa
kadokawa
menu menu

News & Blog

ニュース・ブログ

GAFAM講座 開校!!

2021/12/16 (THU)

バンタンテックフォードアカデミーでは『新しい価値を生み出すIT人材』を目指すため、世界的トップ企業で勤務経験を持つ講師から学ぶ『GAFAM講座』をスタートします。

GAFAMとは?

インターネットを軸にしたプラットフォームビジネスを行っていて、世界的にも大きな影響力を持つGoogle、Apple、Facebook(現Meta)、Amazon、Microsoftの頭文字をとった企業群の通称。

講座内容

1.世界トップ企業の企業理念やブランディングの重要性

2.ユーザーの心を掴むプロダクトの生み出し方と創り方

3.トップエンジニアや起業家として求められる能力

講師紹介

■Google式リーダーシップ

Media.Monks日本担当カントリー ・マネージャ ー
松崎 亮

米コロラド大学卒業後、広告代理店を経て、グーグルジャパン入社。SMB 向け広告営業と DoubleClick(現 Google Marketing Platform) の初期メンバーの一人として参画。その後、AI カンパニーの Appier(2021年東証マザーズに上場)のエンタープライズ事業の立ち上げを経て、S4 Capital グループの MightyHive Japan に参画し、ビジネスの立ち上げを担当。現在は Media.Monks へとブランド変更をした同社にて日本担当カントリー・マネージャー。

■Googleエンジニアマインド

Langdemy株式会社 代表取締役
遠藤 憲

2013年よりヤマト運輸のグループ会社に新卒で入社。3年間の物流システムや人事システム構築案件でプログラマーからシステムエンジニアへステップアップ。2016年よりアクセンチュアへシステムエンジニアとしてジョイン。インド人やオーストラリア人と共にグローバル会計システム初期構築プロジェクトに従事。キャリアとして初めての英語プロジェクトを経験。2017年に医療系スタートアップにプロダクトマネージャーとして参画。健康指導ビデオチャットアプリのリプレイス、RFP作成、ベンダーコンペ、要件定義等を行う。2018年にフリーランスに転身した後、Google協力会社の面接に合格。Google Cloud PlatformシステムエンジニアとしてGoogle社に常駐。同年11月、Langdemy(ランデミー)Inc. を創業。暫くITコンサル/システム受託開発を事業の柱としていた。2021年7月、フリーランスエンジニアが参画し、初の自社サービス『Langdemy音楽教室』をローンチ。今後はNFT Music marketplaceの構築や他ジャンルの教育事業を展開予定。

■Apple流イノベーション創出

株式会社A-BANK CEO
庄司 直久

大学卒業後,旧財閥系大手メーカ勤務を経てオーストラリアに留学。国連開発計画ニューヨーク本部/マレーシア,Appleジャパン,トランスコスモス株式会社事業企画開発本部,ビートレンド株式会社最高執行責任者などを経て独立。中国中央政府系アセットマネジメント会社の日本代表を務め,日中クロスボーダー投資ファンドの設立メンバーとなる。一方,音声認識,VDBMS,リコメンデーションエンジン,オンライン決済等多数のシリコンバレー・ベンチャーに投資,多くの日本法人の設立にも携わる。アメリカと中国双方のビジネスに精通。立教大学法学部。オーストラリア・モナッシュ大学大学院開発経済学修士。

■Facebookで働いた経験

TikTok For Business Japan  執行役員
坂倉 浩司

株式会社リクルート、Facebook Japan株式会社等を経て、現在、TikTok等を運営するTikTok For Business Japanにて、Head of Hybrid and Mid Marketとして、TikTok For Business部門を率いる。ライフワークとして、SNS、メディア、プラットフォームのビジネス立ち上げとマネタイズを行っている。

■Amazon流イノベーション創出

一般社団法人 FutureEdu 代表理事
竹村 詠美

インターネット黎明期から20年近く、マッキンゼー、エキサイト、アマゾンやディズニーにて、消費者向けサービスの事業戦略、プロダクト開発やマーケティングと幅広い経験を持つ。アマゾンでは、和書・洋書のプロダクト開発の後、日本のマーケティング責任者を勤める。コスト意識高く新商流を構築したことが評価され、年間数名が選ばれる「ドアデスクアワード」を受賞。2011年に共同創業した日本最大級イベントコミュニティプラットフォーム、 Peatix.com ではマーケティング責任者やアジア代表を歴任。2016年からはグローバルなビジネス経験を生かした教育活動に取り組み、教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」上映・対話会の普及、「創る」から未来の学びを考える祭典「Learn by Creation」、学習者中心の教育実践者に向けた研修「ブリッジラーニング」など、学びに関わるヒトが、先端的な学びに刺激を受けながら、自ら考え、仲間と行動することを応援している。2020年夏に5年間の先端教育現場視察やリサーチからの学びを凝縮した『新エリート教育 ~ 混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?』(日本経済新聞出版)を上梓。 クリエイティブリーダーを育むための、学習者中心の学びやホール・チャイルドを育む環境をテーマに活動中。総務省情報通信審議会委員、笹川平和財団アジア女性インパクト基金運営委員なども務める。慶應義塾大学経済学部卒 | ペンシルバニア大学ウォートンビジネススクール修士卒|ペンシルバニア大学国際ビジネス修士卒

■Microsoft式プレゼンテーション術

株式会社クロスリバー  代表取締役社長
越川慎司

国内外の通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年にマイクロソフト米国本社に入社。のちに日本マイクロソフト業務執行役員としてPowerPointやExcelなどの責任者を歴任。2017年に株式会社クロスリバーを設立し800社以上の働き方改革を支援、ITをフル活用してメンバー全員が週休3 日、完全リモートワーク。講演・講座は年間400件以上、著書は17冊。

次の記事

【2022年度】 入学予定者紹介★

前の記事

HIGH FES 2021開催! テックフォードアカ…

ニュース・ブログ一覧
プログラミング・AIを実践的に学ぶ新しい専門校 VANTAN TECHFORD ACADEMY 専門部 プログラミング・AIを実践的に学ぶ新しい専門校 VANTAN TECHFORD ACADEMY 専門部